〒666-0121 兵庫県川西市平野3-18-27
能勢電鉄線平野駅徒歩5分

診療時間
 9:00~13:00 × ×
14:00~18:00 × ×

 

※矯正治療日は、矯正治療のみ20:00まで診療

ご予約・お問合せはこちら

072-790-1101

インプラントは保険適用できるのか

 

インプラント治療をはじめるにあたり、大きな壁として立ちはだかる費用の問題。現行の制度においてインプラント治療は保険が適用されないため、他の治療法と比較しても費用が高額になることは否めません。それゆえ「費用の壁」がインプラント治療のハードルを高くしていることも事実です。

 

しかしインプラント治療は、年間の医療費が一定以上の額に達した場合に適用できる「医療費控除」の対象となっています。確定申告の際に申請をおこなえば所得税の一部が還付されるため、結果として医療費の削減につながります。

 

またインプラント治療を提供する歯科医院の多くは、治療費の支払いに「分割払い」が選択できるようになっています。

 

■なぜインプラントは保険が適用されないのか

保険診療では「病気を治す治療」、さらに「失った機能を回復する治療」に重点が置かれていますが、それらの予後の保証についてまでは配慮されていません。一方でどんなに予後が良好な治療であっても、「誰もが必ずしも必要としない」とみなされる治療については、保険適用の対象外としています。

 

インプラント治療は「失った機能を回復する治療」の1つなのですが、その機能回復にはインプラントのほかにもブリッジや入れ歯が選択できます。従来からおこなわれてきたブリッジ、入れ歯に保険が適用される以上、インプラントは「必ずしも必要としない治療」として現在は位置づけられているのです。

 

確かにブリッジや入れ歯でも失った機能を回復できます。しかしそれには「健康な歯を削る」「他の歯や粘膜に負担をかける」「咬む力を完全には復元できない」といったリスクがともないます。そのリスクを回避するのと引き換えに、高額な治療費を負担せざるをえないのが、現在のインプラント治療の実状です。

 

■インプラントは医療費控除の対象となる

医療費控除とは、自分あるいは自身の家族にかかる年間の医療費が10万円(総所得が200万円以下の人は総所得の5%)を超えた場合、納めた税金の一部が戻ってくる制度です。インプラント治療ではこの医療費控除が適用できます。

 

インプラントは1本の治療でも平均30万円以上はかかりますから、ぜひ医療費控除を申請して治療費の削減に活かしていただきたいと思います。

 

医療費控除の詳しい申請方法については、国税庁のホームページ、またはお住いの地域管轄の税務署にてお問い合わせください。

(参考)国税庁 「医療費を払ったとき(医療費控除)」

 

■インプラントの治療費は「分割払い」も選択可

治療法の選択によって費用が数十万にも及ぶようなメニューを提供している歯科医院では、その支払いに一括払いのほか、分割での支払いが選択できるようになっています。

 

川西市平野のふじい歯科でも、インプラント治療をご希望される患者様にアプラス(新生銀行)の「デンタルローン」をご案内しております。(参考)アプラス 「デンタルローン」

 

費用面についてのご相談も、お気軽に当院スタッフまでお問合せください。

 

 

 

 

 

インプラント治療ができないケースについて

インプラント治療は若い方からご年配の方まで幅広い年齢層に適応できますが、お口の状態や体の健康状態によっては、治療をおこなうのが難しいケースもあります。

 

例えばインプラント治療では人工歯根を骨に埋め込む手術が必要なため、手術中に何らかのリスクが予想されるケースでは治療がおこなえないことがあります。またインプラント治療はインプラントと骨がしっかり結合することが成功の鍵となるため、その結合を妨げるリスクがあるケースではやはり治療を慎重にならざるをえません。

 

ではインプラント治療ができない「手術に対するリスク」と「インプラントと骨の結合を妨げるリスク」とは具体的にどのようなものなのか、以下に詳しくご紹介しましょう。

 

■インプラント手術に対するリスク

インプラント手術のリスクとは「インプラント手術を安全におこなえるかどうか」という目安のことで、主に体の健康状態と深く関係しています。

 

インプラント手術では特に、

・高血圧

・糖尿病

・心臓疾患(不整脈・狭心症・心筋梗塞等)

・脳血管障害(脳梗塞・くも膜下出血)

・骨粗しょう症

といった全身疾患のお持ちの方は注意が必要です。

 

どの病気に関しても、病状がしっかりコントロールされていれば基本的に治療に問題はありません。ただ病状が安定しない、もしくは病気を発症してまだ間もないケースに関しては術中・術後のトラブルを避けるため、主治医と相談のうえ治療の可否を決めていきます。

 

■インプラントと骨の結合を妨げるリスク

インプラント治療を成功させ、治療後も長くインプラントを使い続けるのには、インプラントと骨がしっかり結合することが必須条件となります。したがってその結合を妨げるリスクがあるケースでは、場合によってインプラント治療がおこなえないことがあります。

 

例えばお口の衛生状態が悪く、虫歯や歯周病のコントロールができていないケース。歯を失う原因はそのままインプラントを失う原因に直結します。

 

特に細菌感染による「インプラント周囲炎」はインプラントの早期脱落の大きな原因の1つです。お口の中に歯周病があると、インプラント周囲炎になるリスクが高くなります。[y1] 

 

またインプラント自体は虫歯になりませんが、他の歯が虫歯になればそれだけインプラントにかかる負荷が大きくなり、寿命を短くしてしまうでしょう。[ふ2] 

 

したがってインプラント治療をはじめる前には必ず虫歯や歯周病を治しておかなければならないほか、治療後も定期的なメインテナンスを受けていただく必要があります。もし治療後の定期検診に来ていただけない場合、安定した予後を保証できないためインプラント治療をおすすめすることができません[y3] 

 

インプラントと骨の結合を妨げるリスクとして、もう1つ挙げられるのが体の免疫機能や骨の形成機能に影響がある全身疾患です。糖尿病や肝硬変、腎不全、骨粗しょう症などがこれに当てはまります。

 

特に糖尿病に関しては免疫と骨代謝の両方に影響を及ぼすため、血糖値がうまくコントロールされていない状態では術後に大きなトラブルを招く恐れがあります。いずれの疾患に関しても、現在の状態を主治医に確認の上、治療を進めることが重要になるでしょう。