〒666-0121 兵庫県川西市平野3-18-27
能勢電鉄線平野駅徒歩5分

診療時間
 9:00~13:00 × ×
14:00~18:00 × ×

 

※矯正治療日は、矯正治療のみ20:00まで診療

ご予約・お問合せはこちら

072-790-1101

インプラントの寿命について

インプラント治療に関する話の中で、メリットやデメリット、費用、治療期間に次いで大きな関心事となるもの。それは「これだけ長い治療期間と高い費用を費やすインプラントが、いったいどのぐらい長持ちするか」という点です。

インプラントの寿命については、厚生労働省が日本歯科医学会に委託しておこなっている「歯科保健医療情報収集等事業」の調査による報告があります。それによると、部分的あるいはすべての歯を失ったケースにおける10~15年のインプラント生存率は上顎で90%程度、下顎で94%程度。また抜歯即時埋入(抜歯後すぐに人工歯根を埋め込んだ場合)や骨移植をおこなった場合は若干下がって87~92%程度と報告されています。

他の研究や調査においても同様の結果がみられることから、インプラントの10年生存率が90%程度であることは確かなようです。ただ一方でインプラント治療を受けた方の約1割は、治療から10年以内になんらかのトラブルに見舞われていることになります。

ではインプラントの寿命を左右する要因は何なのか、今回はこれをテーマにお話ししていきたいと思います。

確かな知識と技術を要した歯科医師の下で治療をおこなっているか

インプラントの寿命はまず、人工歯根を埋入するインプラント手術が適切におこなわれたかどうかで大きく左右されます。インプラント治療では歯科医が技術面に加え、インプラントの正しい理論や知識を身につけていること、また骨の状態を精密に診査できる設備が整っていることが重要です。

川西市ふじい歯科のインプラント治療は18年の治療経験を持つ院長みずからが担当し、現在も国内外の学会、研修会に参加しながら日々知識や技術の研鑽に努めております。また当院には精密診断を可能にする歯科用CTも導入しております。

当院が開業して14年になりますが、開業当初にインプラント治療をおこなった患者様は現在も問題なくご使用されています。

治療後のメンテナンスは十分におこなわれているか

インプラントを長持ちさせるうえで、絶対に欠かしてはならないのが治療後のメンテナンスです。インプラントは虫歯になることはありませんが、「インプラントの歯周病」ともいえるインプラント周囲炎を発症します。

インプラント周囲炎を引き起こすのは歯周病と同じ原因菌で、インプラント周囲の歯ぐきに感染後、インプラントを支える骨を破壊していきます。したがってインプラント治療後はこれまで以上に毎日のケアと歯科医院でのメンテナンスを徹底しておこなうことが重要です。

川西市平野のふじい歯科でもインプラント治療をおこなった患者様には定期的に来院していただき、インプラントの状態のチェックやクリーニングをおこなっております。